Welcome to Oobac. ご連絡 ユーザーログイン オーバックポスト
Get Business Tools !

HOME













申込書作成時のお願い

各銀行などに提出する申込書は正確なものでなければなりません。このページでは正しい申込書作成のためのご注意とお願い事項を説明しています。

サイン(Signatuer)について
日本語サインと英語サイン
申込書と言語

サイン(Signatuer)について
申込書はあなたのサインがあって初めて正規のものとなります。サインのない書類は単なる書類で、各銀行では受け入れることができません。
各書類の必要箇所に必ずサインいただきますようお願いいたします。

サインは万年筆またはポールペンでご記入いただき、鉛筆など簡単に消せるものは使用しないでください。

サインは日本で言うところの「印鑑」と同じです。
印鑑のない書類は日本では正規の書類とは認められないのと同じで、サインのない書類は正規のものではありません。
また、簡単に消去できる、あるいは変造できる印鑑は日本ではきわめて危険なように、サインも簡単に消せるようなものではよくありません。

日本語サインと英語サイン
申込書へのサインは、必ずパスポートのサインと同じものでなければなりません。
これが違っていると書類は受け付けられません。

パスポートのサインが日本語(漢字)の場合は、必ず日本語(漢字)でサインしてください。
パスポートのサインが英語の場合は、日本語は使用せず、英語でサインしてください。
つまり、パスポートと同じサインでなければ効力はありません。

この部分は非常に多くの日本人の方が勘違いする部分で、申込書がすべて英語で表示されているため、「英語のサインでなければ通用しないだろう・・・」と考えて、パスポートには日本語でサインしているにもかかわらず「勝手に」英語のサインを記入してしまうケースが多発しています。

こうなりますと申込書は正規のものでもなんでもなく、きわめて異常な申込書になってしまいます。なぜなら各銀行は申込書のサインとパスポートのサインを見比べて、正しくサインされているかどうかを必ずチェックするからです。
パスポートのサインが日本語なのに「勝手に」英語のサインをしてしまうと、これは誰が見ても違ったサインで、同じものとは認められず、その結果あなたの申込書は審査されることもなく「ボツ」になってしまいます。

これはまことに当たり前のことで、あなたのサインは何らかの証明があって初めてサインとして通用します。そしてこの証明はあなたのパスポートが行ってくれているわけです。
ところがパスポートとまったく違うサインを記入した場合、たとえそれがあなた自身のサインであっても何の証明もないという結果になります。それだけならまだしも、パスポートのサインとまったく違うため「何らかの詐欺あるいは騙り」と判断されます。
あなたにとって、それは間違いなくあなたのサインであっても、銀行にはその事実は全く分かりません。つまり銀行から見ると、これはニセモノだということになります。

オーバックはこの問題に困り果てておりまして、何度説明申し上げてもやはり同じ間違いがあるのを発見すると、文字通り言葉を失ってしまいます。
お願いですからこれはやめてください・・・。

申込書と言語
各銀行などへの申込書はおおむね英語が使用されています。まれにフランス語やイタリア語・ドイツ語の場合もありますが、基本的には英語です。
つまり、英語なら各国で理解できるだろうと考えられているからです。英語は疑いもなく国際言語です。

こうした申込書に、必要事項(サイン以外の部分)を日本語で記入してしまうとどういうことが起こるでしょう。

日本語は、記入した本人は理解できます。もちろんです。
ところがこれを読む銀行担当者は日本語がまったく分からないケースがほとんどです。彼らにとって日本語はたちの悪い暗号のようなもので、それが日本語だということすら理解できないことも多々あります。
その結果、彼らは悪質な冗談だと考えて、ブツブツつぶやきながらゴミ箱に放り込むことになります。つまり、あなたが悪戦苦闘して申込書に書かれている英語を何とか理解したとしても、日本語で記入(サイン以外の部分)してしまうとゴミ箱行きの運命が待ち受けているわけです。

銀行の担当者だけではなく、オーバックの担当者すらこうしたことを行ってしまう可能性もあります。彼らは日本人ではなく、おおむね欧米人だからです。
彼らにとって英語を理解できないという事実は文字通り「理解することができない」からです。

こうなりますとオーバックと銀行の双方のマネジメントが、とんでもない問題を抱え込んでしまうことになります。

これは不思議なことでもなんでもなく、立場を逆にして考えれば誰でも分かることです。
たとえばあなたが日本の銀行の口座開設担当者だとして、アラビア語で記入されている申込書があなたのもとに到着したとしましょう。
その申込書はあなたにとってどう見ても正規のものとは思えず、何が書いてあるのかまったく理解できず、それどころか「ミミズののたくったような(まことに失礼!)」文字は文字とすら思えないはずです。どう見ても落書きにしか思えない・・・。
そうすると何が起こるでしょう・・・。

なにとぞご理解ください。
日本語は日本という地域でしか通用しないのです。



Liehitenstein
高い信頼、高利回り、フレンドリー!
世界トップクラス銀行の口座をあなたに!
... もっと知る


Keep
すべて合法のセキュリティ保全システム!
... もっと知る


Incorporate
海外法人設立! 卸価格!
... もっと知る



プライバシーポリシー ウェブサイトポリシー タームアンドコンディション リファンドポリシー ディスクレイマー オーバックについて ご連絡 推薦/感謝の言葉
Beshnas Trading Ltd.
All rights of contents on this site are belong to Beshnas Trading Ltd.
Please do not copy and reproduce the contents of this site without our permission, except auto-generation page by our system.
Since 2009 copyright (c) Oobac.com/Beshnas Trading Ltd. : All Rights Reserved.