マルタ法人設立

マルタ法人は多くの有利で実用的な側面を持っており、国際レベルにおいて、海外投資家や企業にとって非常に人気のある国となりました。特にブロックチェーンや暗号通貨(仮想通貨)の領域では群を抜いた専門性があります。

malta

主な特徴は、二重課税回避条約を多くの国々と結んでいること、法人設立手続きが容易で迅速に設立できること、100%外国人(マルタ以外の国籍の人・会社)のオーナーシップが認められていること、次に課税システムに大きなメリットのあることです。
マルタはEU加盟国の一つです。
この条件をフルに生かして効果的な節税ができます。

マルタ・アウトライン

マルタは正式名称をマルタ共和国と言います。 地中海に浮かぶ小さな島国で、イタリアのすぐ南に位置します。首都はバレッタ、公用語はマルタ語と英語。 とても小さな島国でありながらEU加盟国の一つであり、コモンウェルス国家の一つでもあります。

この国は聖ヨハネ騎士団(後のマルタ騎士団)の伝統にもあるようにとても独立心が旺盛で、国民の教育度も高く、勤勉な国家として知られています。
面積は日本の淡路島の3分の2程度にもかかわらず、陸海空の三軍を擁し、確固とした独立国の面目を保っています。
もっとも兵力はわずか1500人程度ですが・・・

マルタ法人のメリット

マルタ法人には、以下のような特徴があります。

  • 70以上の国家と二重課税回避条約締結。
  • 法人設立手続きが容易で迅速。
  • 100%外国人(マルタ以外の国籍の人・会社)のオーナーシップ。
  • 税金は法人税率35%、ただし有利な還元制度あり。
  • ダイレクターにマルタ居住の人を任命する必要なし。
  • 法人ダイレクターの受け入れ可。
  • 現地株主の任命の必要なし。
  • エクスチェンジコントロールはありません。
  • ノミニーを利用することでセキュリティの確保ができる。 その他もろもろ・・・
 
費用:3400.00 EUR

書類郵送費用: 70EUR


(for Malta company incorporation, one year Registered office, paid up capital of EUR 240, VAt submission, MFSA fee)


マルタの税率と還元制度

上記のようにマルタの税率は、法人収益について35%です。これはビジネスのタイプに関わらず一律の税率となっています。
一見してとても高い税率のように見えます。
ところがマルタ独特の制度で、税金の還付制度が存在し、これを利用することにより大幅な節税ができます。 それぞれのビジネスの性質によって還付の詳細は若干違いますが、以下のようになります。

  • 通常法人の場合、納付税額のおよそ86%(6/7ths)が還付可
  • 利子やロイヤリティーのおよそ71%(5/7ths)が還付可
  • マルタ国外法人の株式を10%以上持っている場合の、その法人からの収益は100%還付可 , などなど・・・

この結果、実際の税率は通常の場合でおよそ5%、あるいはそれ以下と、きわめて有利な税制となっています。これがマルタのきわめて大きな特徴です。
ややこしい制度に見えますが、二重課税回避条約を多数の国と締結していることとあいまって、有利な節税ができます。
つまり、マルタ政府のお墨付きの下に「納税済み資金」として還元されるからです。
加えて、その他税金につき、下記項目は非課税となります。

  • 利息、ロイヤルティ、配当(還付制度)
  • 相続税、キャピタルゲイン税、富裕税

二重課税回避条約

マルタは70カ国以上と二重課税回避条約を締結しています。
残念ながら日本は含まれていませんので、日本の方はご注意ください。

マルタ法人の二つの形

マルタでは二つの形の法人設立が認められています。
「Private Limited Liability Company」ならびに「Public limited liability company」です。
「Private Limited Liability Company」の法人名称末尾は「Ltd.」になり、「Public limited liability company」は「p.l.c.」が使用されます。
それぞれのタイプによって最低資本金や政府納付金が違ってきます。
通常は「Private Limited Liability Company」を設立するのがベストです。

株主、セクレタリー、役員 Private Limited Liability Companyでは、マルタでは少なくとも1名の役員と2名の株主が必要です。また法人を管理するカンパニーセクレタリーも1名確保する必要があります。なおこれらはマルタ居住者を当てる必要はありません。なお、カンパニーセクレタリーは個人(法人は不可)である必要があります。また、株主と役員は1名で設立することもできますが、個人(法人は不可)である必要があり、複数事業の登録はできません。

タックスレポート・納税は必ず必要

マルタ法人は必ずタックスレポート・納税手続きが必要で、毎年一回行う必要があります。
この手続きは、法人設立日時の42日前まで(つまり翌年の法人設立日時の42日前まで)に行う必要があります。
タックスレポートのプロセスでは、日々会計処理に基づく会計報告と会計士による監査が毎期必要となります。なお、小規模法人には監査手続の除外規定があります。
これに必要な会計士はオーバックで用意することができます。もちろんご自身でご用意いただくこともできます。

マルタ法人の最低資本金

「Private Limited Liability Company」の最低資本金は EUR 1,164.69 (one thousand one hundred and sixty four Euro & sixty nine cents) です。
端数が出ておかしな形ですが、この資本金はもともとユーロで計算されていたものではなく、EUに加盟してユーロを採用した時点からこのようになっています。

もちろんこれ以上の資本金で設立することができ、あとから増資することもできます。
ただし、マルタでは最低資本金(Authorized Capital)の20%は現金で銀行に納入する必要があります。つまり資本金の20%は払い込み済み資本金となり、それだけの現金を用意する必要があります。
資本金の額が大きくなれば当然払い込み済み資本金も大きくなりますので、通常は上記の資本金で設立するのが一般的です。

設立手続き

会社に関する法律はThe Companies Act 1995で、政府機関であるThe Malta Financial Services Authority (MFSA)のThe Registry of Companies部門が会社登記手続を行います。当該手続では、正式書類の提出が求められます。自らマルタへ赴く必要はありませんが、下記手続をノウハウ無しで個人で行うのは非常に困難です。 マルタでの法人設立手続きは以下のものがすべて含まれます。

package
 
  • マルタでの法人設立と手続きの一切
  • コーポレートドギュメント
  • 登録する事務所費用
  • 現地住所の初年度年間管理費
  • 政府納付金(Government Tax)
  • 法的手続き
  • 現地設立エージェントの手数料
  • 設立初年度の維持費
  • 設立する法人のセクレタリー業務
  • その他、法人設立に必要なこまごました手続き費用

費用は資本金の金額により変動し、多額の資本金ほど費用も多くなります。詳細は書きご覧ください。
また、上述のように1名の役員と2名の株主、カンパニーセクレタリーも1名が必要ですが、設立する法人の真のオーナーのセキュリティ保護のため、上記の人数分、こちらでノミニーをたてて設立することができます。

費用

政府に支払う必要のある法人登記費用は、認可された資本金の金額を元に計算されます。資本金金額が1,500ユーロ以下の場合は245ユーロ、その後は累進課税で逓増していき、2,500,000ユーロ以上の資本金は2,250ユーロで固定されます。

また、法人は毎期維持費を支払う必要があり、同様に認可された資本金の金額を下に計算されます。資本金金額が1,500ユーロ以下の場合は100ユーロ、その後は累進課税で逓増していき、2,500,000ユーロ以上の資本金は1,400ユーロで固定されます。

Time for Incorporation

設立に要する時間

マルタ政府の手続きそのものはとても早く、必要な書類が整えばわずか一週間で設立できます。
ただしこれはあくまで必要な書類が整っているという前提で、しかも設立と同時、あるいはそれ以前に資本金納入のための銀行口座を確保する必要があります。
ビジネスの性質に何の問題もない場合、この手続きは一週間程度で完了します。
もしビジネスの性質に問題がある場合は、その問題に応じて時間もかかりますのでご了承ください。

マルタ国内銀行口座開設

 

マルタ法人は必ずマルタ国内の銀行で口座を開設するようお勧めいたします。 もちろん他の国の銀行でもハンドルできますが、払い込み済み資本金の納入、さらにマルタの税率と還元制度にある還元を受ける場合、手続きがとても煩雑になりお勧めではありません。

renewal

海外銀行口座開設

マルタ以外の他国での口座開設は、ヒテンシュタインプライベートバンク、キプロス、他のEU諸国などで口座の開設ができます。
私たちを通じて口座を開設する場合は現地に訪問の必要もありません。
ノミニー法人の口座開設も当然できます。

詳細は以下のページをご覧ください。

renewal
Time for Incorporation

ノミニーサービス

マルタでは、もちろん実名で法人を設立することができます。ただしこの場合、実名は政府文書に記録され、公開されます。
セキュリティの保護が最優先の法人を設立する場合、実名を出して設立するほど馬鹿げたことはありません。このリスクを避けるため、私どものノミニーダイレクター、ノミニーシェアホルダーをご利用いただくことができます。
ノミニーダイレクター、ノミニーシェアホルダーは日本人ではありません。日本に居住していません。
ノミニーダイレクター、ノミニーシェアホルダーをたてて設立すると貴社のプライバシーは完全に守られ、個人データなどは登録されることも公開されることもありません。
ノミニーダイレクター、ノミニーシェアホルダーについての詳細は、弊社お問い合わせください。

マルタ法人と各種のライセンス

マルタは様々なライセンス取得地として世界に知られています。
各種のフィナンシャルライセンス、ロッテリーライセンスなどが取得できます。
この詳細はオーバックの関連会社のサポートとなります。必要な方は ご連絡ください。

なおオーバックならびにその関連会社では、アダルトビジネス、ギャンブリングビジネスの取り扱いは行っていません。

ブロックチェーンにかかる弊社他サービス

  • 投資家にも有益になる、企業組織国「助言サービス
  • ビジネスの規制準拠を確認するためのKYC、AML及びコンプライアンスサービス
  • プロジェクトのビジネスチャンスにかかるフィードバック
  • 投資家の信頼確保の為の、マーケティング資料の編集・レビュー
  • プロセス全体を監督するための諮問委員会サービス
  • 助言・支援業務としての戦略的パートナーシップサービス
  • ビジネスプランと顧客ターゲティングの助言業務としてのオンラインマーティングサービス
  • 全契約書の法令順守を確認する法的サービス
  • 利益最大化を目指す税務サービス
  • 出口戦略プランのレビューサービス(個人にかかる税金、住居地のオプション、不動産プランニングを含む)

法人設立及び銀行口座に関する詳しい情報が必要な場合は、弊社お問い合わせ下さい。無料です。

Contact us to get free information

質問する
 

参加無料! オーバックの強力アフィーリエイト!

Buildings
 
登録無料!

参加は完全無料です。
何の義務も発生しません。
登録はとても簡単、1ステップ!

リンク設置方法

バナーはこちら。
すぐに利用できます。
テキストリンクもOK!

Oobac Post

弊社オーバックポストを通じお問い合わせ下さい。弊社カスタマーケア・サポートチームにより常時確認、迅速な返信をさせて頂きます。

今すぐ登録

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Arch. Makariou III & Evagorou, 1-7, MITSI 3, 1st floor,
Flat/Office 102 1065, Nikosia, Cyprus.

Phone: +60 3 62114843

Email: contact@oobac.com

Skype Chat