オンショアの最大活用

多くの方々がとんでもない勘違いをしています。それは、オフショアに出れば何とかなる・・・という、まことに単純な思い込みと期待です。

onshore

ほとんどのビジネス分野での世界最大のマーケットは、オフショアではなく、実はオンショアにあります。これを無視したビジネスは成り立たないと言っても過言ではありません。

オンショアは最大のマーケット

誰でも分かる簡単な事実があります。
それは、ほとんどのビジネス分野での最大のマーケットは、オフショアではなく、実はオンショア(普通の国)にあるというまことに単純な事実です。
この事実を無視したビジネスは成り立たず、よほど特殊なビジネスの分野でない限り成功はおぼつかないというのが実際です。

たとえばあなたが車の販売を計画しているとしましょう。
もしあなたがオフショアの小さな島国を相手に多量の車を販売しようとすれば、その計画には最初から無理があります。
これは誰が考えても一目で分かる事実で、たとえばオフショアとして世界に有名なBritish Virgin Islandには、人口がわずか21,000人程度しかありません。ところがたとえば日本では、人口は軽く一億人を超えています。
改めて市場調査をするまでもなく、その潜在購買力は最初から桁が違うのです。

もしあなたがご自分のビジネスを成功させようとする場合、オンショアを無視しては何事も成り立たない・・・、この単純な事実をまず確認する必要があります。

オンショアマーケットの開拓

オフショアを利用するユーザーは、ほとんどがオンショア(普通の国)の富裕層です。
先進国とオフショア
そして彼らは、オンショアのビジネス成功という力強い足場にたって、オフショアを利用しているわけです。彼らの成功の第一歩は、まずオンショアの巨大なマーケット開拓に成功しているという点にあります。

世界に乗り出そうと計画する場合、もっとも大切なのは、まずあなたの足元の国のマーケットをどのように開拓するか・・・という点にあります。

オーバックのプロダクツ・サービスは世界進出のための有益なツールになりえますが、上記の点をまったく勘案しない計画は、まさに「絵に書いた餅」以外のなにものでもありません。
ですのでまず、あなたの国のマーケットをどのように開拓するかという具体的な計画をお持ちいただきますようお願いいたします。

オンショア法人利用のお勧め

オンショアのマーケット開拓がビジネス実行の上で最大の課題・・・という点からみて、オンショア法人をどのように利用するかという問題が明確になってきます。オンショア法人とは、たとえばデラウェア法人、ネバダ法人、イギリス法人などのことを指します。

デラウェア法人設立
イギリス法人設立
マルタ法人設立

たとえばヨーロッパの市場に切り込む場合、お住まいの国の法人(たとえば日本法人)では非常に荷が重い場面に出くわすことがたびたびあると考えられます。ごく単純な例を上げれば、ヨーロッパの銀行でマーチャントアカウントを取得する場合、日本法人では最初から審査の対象にもなりません。

マーチャントアカウントがなければクレジット決済の導入ができず、ヨーロッパの非常に低額手数料の決済システムを利用できないことになります。
そしてこれはあなたの会社のヨーロッパの顧客にとって、まさに「我慢のできない事態」で、彼らにとって日本の高額な決済システムを利用するより、ヨーロッパのきわめて低額のシステムを利用するほうが得になるに決まっているからです。

アメリカの市場に切り込む場合もまったく同じことが言えます。有体に言ってアメリカで活動するにはアメリカ法人が最適だと思えるからです。

オンショア法人は単に形だけのものであってはならず、具体的なビジネスプランとともに設立を検討すべきものです。

レギュレーションに従う

オフショアはきわめて自由なシステムと制度を提供していますが、これに比べてオンショアは各種のレギュレーション(規制)が文字通り満ち溢れており、ビジネスを実行する環境から見れば少々荷の重い場面もないとはいえません。
ところが、上記のように世界のマーケットの最大の部分は、なんと言ってもオンショア各国、より具体的に言うと先進各国の中にあります。
そしてビジネスを実行していく上で、それぞれの国のレギュレーションに従うことは非常に大切な要素となります。

レギュレーションに従うことのできないビジネス、あるいは反しているビジネスは、いずれにしろ切り捨てられる運命にあります。また何より、そのようなビジネス実行はビジネスではなく、単なる犯罪になってしまいます。

必ずレギュレーションに従う、それも確実に履行する・・・。
この原則を忘れてはなりません。

適正納税とオンショア

オンショア諸国、あるいは先進各国とは、簡単に言ってしまうと納税の必要のある国・・・ということになります。
もちろん納税の率は国によって様々で、収益がどのように発生したかという点によっても大幅に違ってきます。

しかしそれだからと言って、単純にオフショアに進出すれば物事がうまくいくか・・・というと、大いに疑問があります。
何より、このような考え方でオフショアに進出しようとする方は、最初からとんでもない誤解を抱いているといわざるを得ません。

いかなる形であれ、適正納税は国民の義務であり、その国の法人の義務でもあります。
この事実を無視して「税金逃れ」を行おうとするのは単なる犯罪であり、ビジネスでも世界展開でも何でもありません。
そしてオーバックは、いかなる形であれこうした犯罪をサポートできる立場にはありません。

必要な税金は必ず正規に錐垂オて正しく納める・・・。 この当たり前の事実をまず念頭において、ビジネス実行を考えるべきものです。

上手な組み合わせのお勧め

一方で納税の必要なオンショア諸国が存在し、他方には非課税(あるいは極端な低課税)のオフショアが存在します。
このため多くの方々は、形だけでもオンショアを脱出してオフショアに出れば課税を逃れられる・・・と、きわめて単純な考えを持ちがちです。

はっきり言ってこうした考え方は間違いです。
こうした方々の志していることは単なる脱税で、違法なことはなはだしいといわざるを得ません。

考えるべきことは、世界には大きく分けて二つの納税形態がある(一つは高課税、もう一つは非課税)という事実をよく見極め、それをいかに上手に組み合わせるか・・・という点です。
オンショア諸国、特に先進各国の市場はあなたの前に開かれています。そこには大きなマーケットがあります。
同時に、オフショア諸国利用の道も開かれています。
それぞれの制度を上手に組み合わせて世界的なビジネス展開を図っていくことこそ、あなたの考えなければならないことです。 この点をお間違えにならないよう、くれぐれもお願いいたします。

ノミニーの利用について

セキュリティ保護の上で、あるいは安全なビジネス実行の上で、ノミニーの利用は欠かせない要素となっているのが世界の現実です。
特に先進各国での市場の切り込みは、常にセキュリティの面に配慮しておかないと、何かことが起こってからでは手遅れ・・・という事態が発生する可柏ォがあります。
そこで有効に働くのがノミニーの制度です。
オーバックでは非常に信頼の置けるノミニーをいつでも確保することができます。

ノミニーダイレクター
ノミニーシェアホルダー

専門コンサルタントの必要性

法人という入れ物があっても、それを支える具体的なビジネスプランがなければどうしようもありません。
ところが相手先国の事情を知らない・・・、人脈もない・・・、どこにどういうマーケットがあるのかも分からない・・・。
これではビジネスが成り立たないことは明らかです。

オーバックの専門コンサルタントは、文字通り専門にこうしたことを取り扱っています。必ずお役に立てます。

専門コンサルタントが必要?

ライセンス取得の必要性

ライセンスの取得はある意味、人生の一大事です。
これがあれば市場独占の可柏ォが開け、なければ単なる違法ビジネスと成り果ててしまいます。

ところで、どのようにすれば必要とするライセンスが手に入るのか・・・、これが問題です。

オーバックのコンサルタントはこの部分を専門的にサポートすることができます。
ほぼあらゆるライセンスの取り扱いが可狽ナす。

ライセンスが必要なときは?

法人設立及び銀行口座に関する詳しい情報が必要な場合は、弊社お問い合わせ下さい。無料です。

Contact us to get free information

質問する
 

参加無料! オーバックの強力アフィーリエイト!

Buildings
 
登録無料!

参加は完全無料です。
何の義務も発生しません。
登録はとても簡単、1ステップ!

リンク設置方法

バナーはこちら。
すぐに利用できます。
テキストリンクもOK!

Oobac Post

弊社オーバックポストを通じお問い合わせ下さい。弊社カスタマーケア・サポートチームにより常時確認、迅速な返信をさせて頂きます。

今すぐ登録

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Arch. Makariou III & Evagorou, 1-7, MITSI 3, 1st floor,
Flat/Office 102 1065, Nikosia, Cyprus.

Phone: +60 3 62114843

Email: contact@oobac.com

Skype Chat