オフショア会社設立:
海外企業を所有するわけ2019

Tax Justice Networkによると、およそ32兆ドルもの資金がオフショアに流れています。[1]

offshore company

それはどういう意味か?なぜそのようなことが起こっているのか?
不安定な経済の国から安定した経済の国へ資金が流れ着くことは非常に自然な現象です。また事業主が税制面でより融通が利き、安定した国で事業活動を行うことも当然です。これらの管轄をオフショア国と分類します。
オフショア会社は、脱税や違法に得た資金をどこか他の場所に隠すのではないかなどと発言する方もいらっしゃるかもしれません。

オフショア会社は100%合法というは、事実ではありません。

Google, Apple, Starbucks, Microsoft, などのような多くの大企業は、企業構造上の正当な方法を利用して、何10億ドルもの税金を削減しています。したがって、あなたの会社も同じスキームで税金を削減することができます。このシステムに多額のお金を所有している必要はありません。少額の資金と小規模会社で収入を大幅に節約し、ビジネスに再投資できます。

オフショア会社とは何か?

オフショア会社や海外企業についての記事やウェブサイトは数多くあります。初心者にとってこれらの用語を完全に理解するには非常に難しいことがわかります。そこでこちらでは”オフショア会社”に関する用語を簡単で便利な定義づけをして提供いたします。

オフショア会社とは外国で設立した会社のことで、その国でビジネスを行うことは許可されておりません。例えば、ベリーズで国の法律に基づきベリーズ法人を設立します。これにより、ご自宅やベリーズ国外でビジネスを行うことができます。しかし、この法人はベリーズ国内で、地域に根付いた経済活動を行うことは禁止されています。一部の国では International Business Companies (IBCs)とも呼ばれています。

一般的にオフショア会社の主な特徴は、その設立国内では非課税会社であるということです。ベリーズセーシェルイギリス領バージン諸島(BVI)ケイマン諸島 アンギラ パナマ バミューダ などのタックスヘイブン国は、企業にいかなる形の税金も課さず、企業は完全に非課税状態です。

上記の管轄とは別に、イギリス 香港 デラウェアウルグアイキプロスなどの国内に設立された企業は、国外で事業を展開している場合、オフショア企業とみなすことができます。したがって、会社の運営が設立国外で行われ、利益が国に返還されない限り、会社はいかなる形の税金も支払うことを強制されません。

また、アイルランド オランダマルタイギリスなどの特定の国では、税軽減ストラクチャーの一部として会社を設立することもあります。

結論として、一般的にオフショア会社は少なくとも、以下の主要な特性を有する必要があります。

  • 自国の管轄では課税されない。
  • ビジネスの柔軟性が必要
  • 規制が先進国に比べて軽くあるべき
  • 高レベルのプライバシーと機密性

オフショア会社を提案する理由

以下がオフショア会社を提案することによってもたらす、その国の利益についての説明です。
通常、収入を得るために十分な資源を保有していない小国や発展途上国は、外国から投資家や企業を誘致するための柔軟な会社法を制定します。このようにして、収入を確保したり、誘致企業代理店としてより多くの雇用機会を生み出すことで、国益を得ています。また、その国の政府はライセンス料や政府手数料として、毎年収入を得流ことができます。

実際には先進国の厳格な会社法の存在に依存しています。これらがなければ、たとえビジネスや個人的なサービスを行う良い機会を提供していたとしても、オフショア国は生き残ることができません。その理由は、オフショアの管轄が、自国の法制度にうんざりしている先進国の富裕層をターゲットにしているからです。したがって、先進国はオフショア国が収入を得るためにより厳格な法制度を自国内に制定する必要があります。これは皮肉にも事実です。

しかし同時に、オフショア国は先進国からの指示には従わなければ、彼らの制度を維持することができません。そのため、オフショア管轄と先進国との間には、常に少なからず緊張した状態にあります。

したがって、人々がより自由度の高い場所に行きたがるのは自然なことです。企業の財務面に関しても、近年ではオフショア会社が注目されている傾向にあるようです。

もちろん先進国が常にオフショア事業を受け入れているわけではありません。各政府の首相や大統領により状況は異なります。たとえば、アメリカの大統領の一人、オフショアとの取引を拒否し、また別の大統領は演説の場でオフショアを推奨しました。これらのスピーチを理解するのは難しいかもしれませんが、インターネット上で検索することも可能です。

最後に、私たちは世界情勢が劇的に変化し続けていることを理解する必要があります。多くのオフショア国は、新たな需要や技術、および多国間との経済関係に基づいて、自国のシステムや規制を改正していきます。そのため、オフショアビジネスは今では管轄ごとに異なる特徴があります。そして、私たちは自身のニーズに最もマッチしたものを選択する必要があります。

海外企業を設立する理由

オフショア国で会社を設立する理由は、自国では利用できない、柔軟な規制を活用するためです。たとえば、節税目的や維持費のコスト削減、資産保護、また国際的なビジネスチャンスを求めて会社を設立するケースがあります。

オフショア会社は必ずしも、すべてのビジネスに適しているわけではありません。たとえば、地方の企業で、収入がその地域に依存している場合、オフショア会社は良い選択肢とは言えません。オフショア会社設立は、グローバル(国際的な)ビジネスやネット取引、WEBベースのビジネス、アドバイザーや顧問、FXや株式トレーダー、投資家、外国での不動産購入などの多くのビジネスに適していると言えます。

以下の説明がオフショア会社設立によるメリットです。

  1. 法的用件を満たすため

    一般的に事業主は個人よりも法人との関係形成を好みます。そのため、メンテナンスコストが非常に低いオフショア企業を組み込むことはフリーランサーや事業を始めたばかりのスターターにとっては好都合です。これにより、あなたは法人格をもち、なおかつ低コストで自身のブランドを作ることができます。海外企業をもう一つのメリットは他国で不動産屋その他ライセンスを購入できる可能性があることです。たとえば、マレーシアの不動産を外国企業を通して所有することができます。マレーシア地元の持株会社を所有していた場合、不動産を簡単に、無駄な時間がかからずに購入できます。
  2. より良い銀行インフラ

    さて、これは非常に重要な問題であり、明確にする必要があります。オフショア会社を持つことは必ずしもより良い銀行の機会をもたらすとは限りません。多くのヨーロッパの銀行はタックスヘイブン管轄からのオフショア企業により厳しい規制を適用してきます。たとえば、ラブアンで設立した会社はキプロスやイギリスで設立した会社よりも銀行の機会が制限されている場合があります。対照的に、ペルーやナイジェリアに設立されていた場合、銀行口座を開設することは非常に困難です。したがって、ベリーズ、BVI、キプロスで会社を設立すると、より優れた銀行インフラを享受できる可能性があります。実際にオフショア会社を歓迎している銀行はまだ数多く存在しています。ただし、銀行に何を期待して、どのようなビジネスなのかを明確にする必要があります。ほとんどの銀行は、低リスクの事業活動を行なっている会社を好み、受け入れる傾向にあります。たとえば、アドバイザーや顧問、ソフトウェア開発などの事業です。詳しくは銀行の利用規約と制限された活動を確認ください。
  3. 資産保護

    いかなる理由であれ、自身の資産を奪い取ろうとする何かしらの金融的な敵からの資産保護は非常に重要です。具体的には、個人、債権者、弁護士、さらには家族や元配偶者などがなりうる可能性があります。また、事故やビジネスの失敗などの不幸なケースでは、訴訟などが起こるかもしれません。一部の国では、法律により、債権者は子供、親、妻などの家族の資産を差し押さえることが出来ます。残念ながら、この訴訟は世界のあらゆる分野で行われており、この状況下では多くが違法である可能性が高いです。そのため、このような制御不可能な状況から回避する方法を見つけることは一般的です。
  4. 低コストの維持費

    ほとんどの国ではビジネスを始めることは思うほど簡単ではありません。そこには時間や多額なコストが必要になるからです。またほとんどの場合は、商業ビルなどのような立地に住所を設定する必要があります。なぜなら多くの国では法律でビジネスの拠点を自宅に置くことを許可していないからです。また会計、監査、秘書の費用も同様に処理する必要があります。上記のすべての費用に加えて、税金の支払い義務も生じます。 対照的に、オフショア会社を設立するのは非常に安価です。自宅からビジネスができ、すべてをリモートで操作できます。ほとんどの管轄では監査済みの会計を提出する義務はなく、なぜならオフショア会社の多くは非課税だからです。
  5. 低資本要件

    オフショア会社は、会社の資本に関して非常に柔軟です。通常、最低資本金がないか、もしくは最低資本金が非常に低い定めになっております。
  6. より高い柔軟性

    オフショア管轄はオフショア会社により多くの利益をもたらす柔軟な会社法を制定しています。 オフショア会社は、会社の構造、資本金、取締役と株主の数、会議の場所などに関して柔軟性が高いです。 実際に、キプロスやマルタ、エストニア、ブルガリア、イギリスなどのヨーロッパ国に会社を設立し、その柔軟性を活用したいという人もいます。彼らはより良い裁判所、より良い法的構造、より柔軟性の高い会社法を望んでいます。これらの国は、あなたにとって良い場所ではないかもしれませんが、多くの人々にとっては理想的な場所です。
  7. 節税

    税金問題は、大小関わらず企業にとっては最大の問題です。これらのビジネスの多くは費用を支払ってもほとんど何も生じません。そして、税務局には小さな利益の大半を支払う必要があります。したがって、これは中小企業の所有者が税金を削減する方法を見つける行為は普通なことです。

    問題は、それを合法的に行うことが出来る方法かということです。

    一つの方法として、租税回避に焦点を当てることです。これは合法的に減税する慣習です。オフショア管轄のほとんどはタックスヘイブンです。実質的には収入に対して税金を支払う必要はありません。一部の国は非課税国ではありませんが、税金を支払う義務がない方法で会社を構成できます。租税回避の興味深い例を一つ挙げると、Appleです。Appleはアイルランドに持株会社と取引会社を持ち、技術会社がアメリカのカリフォルニア州にあります。アイルランドの法律では、アイルランドの一部の企業が他の企業と関連している場合、非居住企業として主張することができます。アイルランド国外で管理されている場合、免税となります。さらに、アメリカの法律上は、会社がどこに登記されたかを問うため (IRC Sec. 7701(a)(5)) 、Appleのアイルランド法人はどこにも税金を払っていません。
    別の方法は、可能な限り少ない税金を支払う選択をすることです。たとえば、高い法人税を支払う日本やアメリカの企業の場合、法人税がわずか10%のブルガリア企業は非常に魅力的と言えます。キプロス、マルタ、ブルガリアに法人登記をするとVAT番号が付与され、より低い税率を享受することができます。さらに、キプロスとマルタの持株会社は貿易会社が受け取った配当金の税金が免除されます。
    3つ目のオプションは、税金の延期と呼ばれるものです。これは利益を会社に再投資することにより、税金の支払いを延期していることを意味します。税金を納めるのは、数年後に会社を売却することにしたときだけです。

  8. オフショアインターネットビジネス

    海外の銀行口座を所有し、オンラインベースのビジネスは、あなたに無限の自由を与えることができます。何も心配することなく、どこからでもビジネスを運営、管理ができます。地理的な制限されず、オフショア会社はオンラインビジネスに最適です。
  9. 税申告が不要

    オフショア会社の特筆すべき特徴は税申告が不要なところです。つまり、多額の費用を支払って会計士や監査をやという必要がありません。一部の会計文章には、「二冊の本」と呼ばれるものがあります。これは特定の国で知られている特性です。しかし、オフショア会社では会社の実際の財務状況を示す書類を作成することができます。ほとんどの人が驚いたことに、Accounting Web [2]によると、監査手数料は毎年増加しており、2016年には92億ドルに達しました。したがって、オフショア会社では監査に費用が発生せず、政府に提出することができます。
  10. オフショアと競争力

    あなたの会社の利益の50%以上が課税対象になると想像してみてください。利益の50%が税金ということが馬鹿げていると思われる場合は、再計算することをお勧めします。実際に先進国のある国ではこの税率を採用しています。この場合、100米ドルの利益がある場合、税引き後利益が50米ドルしか得られません。税引き後利益を100米ドルに維持するには、製品やサービスの売上を2倍にする必要があります。

    非常に明白です。

    さらに、税務報告書を作成する必要も、日々の会計のためにスタッフを維持する必要も、プロの会計士や監査に高額な費用を支払う必要もありません。合法かつ、公式に競争力を簡単に得ることができます。
  11. 高いセキュリティの維持

    高いセキュリティを維持することがいかに重要かは周知の事実です。セキュリティがなければ予期せぬ状況で容易にトラブルに陥ることが想定できます。
    一般的にオフショア管轄は会社を設立する人々に優れたプライバシーと高いセキュリティを提供します。ただし、もちろんセキュリティレベルは国によって異なります。
    オフショア会社のメリットとして、税率以外にもプライバシーを最も重視することもあります、ブルガリアに会社を設立し、取締役及び株主としてこう書写を雇用することにより、オーナーの身元を隠すことができます。
    このシステムを使用すると、セキュリティが可能な限り厳しくなります。オフショア会社を用いてセキュリティ面の問題に対する究極のソリューションを得ることができます。これは個人情報を非公開にしたい人や企業にとって最大の利点と言えます。

オフショア会社を設立できる国

以下はオフショア会社の最も有名な管轄です。

その他の低税率国

アメリカ法人についての事実として、アメリカ非居住者のためのアメリカ管轄が現在最高と言えます。
アメリカはプライバシーに関して外国企業のオーナーにとって最も安全な場所の一つです。他の管轄と異なり、アメリカはOECDとの税情報交換を拒否しています。つまり、あなたの本国の政府が、アメリカの管轄内のビジネス情報にアクセスすることができません。一般的なアメリカの管轄区域は以下の通りです。

合法か非合法か?

これはオフショア会社をどのように活用したいかに完全に依存します。

オフショア会社を問わずですが、海外企業やあらゆる種類の企業を設立し、脱税や詐欺に使用するなどした場合、それは間違いなく違法です。どの種類の会社を設立するか、どの国で法人登記するかは問題ではありません。

私たちはそのようなアイディアスキームを提供したり、サポートするようなことはいたしません。私たちが提供しているのは、ビジネスをグローバルに拡大し、より良い効率的に費用対効果の高い方法で、合法的に税計画を立てることです。

したがって、これは100%合法です。

そうでなければ評判の良い銀行がオフショア管轄に支店を出すことはしません。イギリス、香港、シンガポール、アイルランド、マレーシアなどの一部の国がオフショア会社を提供しているのはなぜか。なぜオフショアシステムを採用しているのか。

慎重に考えれば答えがわかります。

オフショア会社は違法ではありません。会社を設立し、維持し、グローバルに事業展開していくには、このシステムを使用して好きな場所に住んでいることが私たちの権利の一部です。

高いセキュリティを維持するには、海外の住所を使用し、独自の秘書を持ち、評判の良い銀行の口座を開設します。これらは全て合法であり、合法的な権利です。

References:
General FAQ:

最も安いオフショア会社は何か?

最も安いオフショア会社はベリーズIBCというベリーズ法人を設立することです。こちらは599ユーロで設立できます。二番目に安いのはセーシェル法人で799ユーロ前後のコストで設立可能です。

法人設立及び銀行口座に関する詳しい情報が必要な場合は、弊社お問い合わせ下さい。無料です。

Contact us to get free information

質問する
 

参加無料! オーバックの強力アフィーリエイト!

Buildings
 
登録無料!

参加は完全無料です。
何の義務も発生しません。
登録はとても簡単、1ステップ!

リンク設置方法

バナーはこちら。
すぐに利用できます。
テキストリンクもOK!

Oobac Post

弊社オーバックポストを通じお問い合わせ下さい。弊社カスタマーケア・サポートチームにより常時確認、迅速な返信をさせて頂きます。

今すぐ登録

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Arch. Makariou III & Evagorou, 1-7, MITSI 3, 1st floor,
Flat/Office 102 1065, Nikosia, Cyprus.

Phone: +60 3 62114843

Email: contact@oobac.com

Skype Chat