ビジネスプランについてのご注意

ほとんどの日本の方はビジネスプラン(Business Plan)についてとんでもない勘違いをしているようです。このページではビジネスプランとは何かについて説明しています。

ビジネスプランとは?

ほとんどの日本の方は、海外で常識的に使用されているビジネスプラン(Business Plan)について、とんでもない勘違いをしているようです。

ビジネスプランは特に法人活動の説明に利用されるものですが、個人の場合、あるいは慈善事業や社会事業を行う場合にも、時と場合に応じて求められる文書のことをいいます。
これは詳細な事業計画を列挙したもので、単なる事業計画の「希望」ではなく、少なくとも三年間にわたる売上額の卵z、従業員の教育、リスクマネジメント、役員の告ャ、担当部署の活動の仕方、会計方針など、詳細な事業活動の計画を記入したものです。

その法人の事業計画によって非常に多種多様のビジネスプランがありますが、分かりやすく正確に記述する必要があります。

箇条書きの文書ではありません!

よく見受けられる勘違いは、箇条書きの文書を「ビジネスプラン」と信じて疑わない方が多く見受けられることです。
わずか10行足らずの箇条書きの文書はビジネスプランでもなんでもなく、海外ではまったく通用しません。
それどころか、そのようなビジネスプランを発行する会社の運営迫ヘを疑われるのが関の山で、文字通り百害あって一利なしということになります。
くれぐれもご注意ください。

ビジネスプランが求められる場面

ビジネスプランが求められる場面は非常に多岐にわたります。ごく一例をあげると以下のようになります。

  • 銀行で法人口座を開設するとき(必ず必要です)
  • 何らかの契約を海外の会社と締結するとき
  • ライセンスを取得するとき
  • ライセンス以外の政府手続きを実行するとき

特殊な場合では、採用したノミニーのサインが必要なときにも詳細なビジネスプランが求められます。

単なる資産保護・運用に関する法人、あるいはビジネスを行わない私的な法人などの場合でも、銀行口座開設の折などには、現在では必ずビジネスプランが必要になります。
これは、アンチマネーロンダリング規制法、KYCポリシーなどをはじめとする各種の規制の影響です。

銀行口座を開設するとき

個人口座開設の場合はビジネスプラン作成などはまったく必要ありませんが、法人口座開設には必ずビジネスプランが求められます。
理由はごく単純で、その法人の事業計画が分からなければ、口座を開設した銀行はサポートの仕様もなくなってしまうからです。
またビジネスプランはアンチマネーロンダリング規制法、テロ資金規制法などによる基本的な必要事項でもあります。特にKYCポリシーと呼ばれる規制がビジネスプランを必ず求めます。

つまるところ、ビジネスプランも持たないような法人は「頼りなくて話にならない」法人と判断され、ほとんどの銀行では法人口座開設はできません。文字通り「話にならない・・・」からです。

なお、オーバックのユーザーの方が法人銀行口座を開設する場合は、口座開設に必要なビジネスプランはオーバックが無料で作成します。もちろん英語です。ビジネスプラン作成に必要なデータだけお知らせください。

ノミニーのサインが必要なとき

多くの日本の方はいまだにノミニーを「名義貸し」と勘違いしているようです。
ノミニーは厳正な法制度に従って提供されるシステムで、違法な「名義貸し」とはまったく違います。なにとぞ勘違いいただかないようにお願いいたします。

時と場合によって、何らかの契約を他の会社と結ぶ場合、ノミニーのサインが必要なときがあります。
この場合ノミニーは、居住国の法律に従ってその契約の内容を詳細に検討する必要があるのと同時に、その法人がどのような活動を行っているのかを知る必要があります。これは現地法の規定に従って実施される手続きです。

ですのでこの場合、その契約の原本と共に、必ずビジネスプラン提出が求められます。
この折、ビジネスプランもないような状態で「単なるサイン」をノミニーに要求すると、ノミニーは必ず以後の協力を拒否する事態が発生します。なぜなら上記の銀行と同じく「頼りなくて話にならない」と判断するからです。
ノミニーにとってこれはきわめて危険なサインで、何が起こるかも分からない法人のノミニーをつとめる酔狂な人は、いくら世界が広いと言っても存在しません。

また、もしノミニーが「単なるサイン」をいつでも実行できるとすると、これはあなたの法人が巨大なリスクを抱えているのと同じことになります。
なぜなら、もしノミニーが異心を抱いた場合、「単なるサイン」をいつでも誰にでも発行できることになるからです。
こうしたとんでもないことができないシステムだからこそ、オーバックのノミニーサービスはとても安全なのです。

もしあなたが「単なるサイン」をノミニーに求めた場合、ご自身で巨大なセキュリティリスクを作り出していることと同じです。 なにとぞご理解ください。

ライセンス取得の必要のあるとき

何らかのライセンス取得の必要がある場合、ビジネスプラン提出はごく当然のことで、むしろ最低限の条件ということが出来ます。
ビジネスプランもないような法人にライセンスを発行する政府は、世界のどこにも存在しません。

通常、ライセンス取得の折には特に詳細なビジネスプランが求められ、あらゆる事業計画を列挙する必要があります。
こうしたビジネスプランは通常、A4用紙で少なくとも50ページ以上に上ります。多いときには数百ページというのもざらにあります。

ライセンス取得の必要のある方は、必ずビジネスプラン(ビジネスプラン・資金プロジェクション)をご用意いただくようお願いいたします。

必ず英語で!

海外の政府あるいは銀行などに提出するビジネスプランは、日本語で記述したのでは話になりません。誰も理解できないからです。
必ず英語で、分かりやすく、整理した文書を作成する必要があります。

この際、翻訳ャtトは事実上何の役にも立たないようですのでご注意ください。
おかしな英語のビジネスプランを提出すると、それだけであなたの法人に害になります。

ビジネスプランが作成できないとき

ビジネスプランが作成できないときは、オーバックがお手伝いすることができます。

ビジネスプラン作成

なお、オーバックユーザーの方が法人口座を開設する時のビジネスプラン(ビジネスプラン・ミニ)作成は無料です。必要なデータをお知らせいただければ、オーバックの専門スタッフが英語で作成します。

ビジネスプランのサンプル

参考までに、簡単なビジネスプランのサンプルを用意しています。
これは「Sample Ltd」という架空の会社のビジネスプランで、内容はまったく荒唐無稽なものですが、ご覧いただければビジネスプランとはどういうものかをご理解いただけると思います。

このビジネスプランはA4用紙にして15ページありますが、ごく一般的な分量のビジネスプランです。
これはオーバックのメニューで侮ヲしている「ビジネスプラン・資金プロジェクション」に当たります。

ビジネスプランのサンプル

法人設立及び銀行口座に関する詳しい情報が必要な場合は、弊社お問い合わせ下さい。無料です。

Contact us to get free information

質問する
 

参加無料! オーバックの強力アフィーリエイト!

Buildings
 
登録無料!

参加は完全無料です。
何の義務も発生しません。
登録はとても簡単、1ステップ!

リンク設置方法

バナーはこちら。
すぐに利用できます。
テキストリンクもOK!

Oobac Post

弊社オーバックポストを通じお問い合わせ下さい。弊社カスタマーケア・サポートチームにより常時確認、迅速な返信をさせて頂きます。

今すぐ登録

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Arch. Makariou III & Evagorou, 1-7, MITSI 3, 1st floor,
Flat/Office 102 1065, Nikosia, Cyprus.

Phone: +60 3 62114843

Email: contact@oobac.com

Skype Chat