Oobac BLOG jp

Welcome to the blog of oobac.com

信託とは?

Update On, June 20, 2019
信託とは?

信託とは?

信託とは、“settlor”という資産(“trust fund”)を譲渡する個人と、“trustee”というsettlorによって指定された他の人(“beneficiaries”)の利益のためにその資産を保有し管理する他の個人または法人との間の取り決めのことです。

信託によって譲渡された資産の法的所有権はsettlorからtrusteeに移り、trusteeにはbeneficiariesの利益及びその享受のために譲渡された資産を守る義務が生じます。したがって、trusteeはサービスに対する正当な請求以外に、譲渡された資産から個人的に利益を得ることはできない保管人となります。beneficiariesは資産を享受する権利とともに、trusteeが信託証書の条件およびその信託を管轄する政府の法律に従って行動することを確かなものとする法的権利を持ち合わせています。trusteeは決して違法行為をしてはなりません。

信託の条件は信託証書に詳述されています。これに加えてsettlorはtrusteeに信託や資産をどのように管理して欲しいかを示すことができます。この書類によりsettlorはtrusteeに投資政策や分配契約(beneficiariesがいつ資産のどの部分から利益を受け取るか)といった事項を指定し、そのように行動させるためのガイダンスを提供することができます。

信託によって資産を譲渡し、利益の享受ができなくなることを懸念する方もおられますが、そうではありません。settlorは受益者となりますし、信託証書が正しく記載されていればbeneficiariesは信託資産を使用し、信託基金からの資本および利益を受け取ることができます。これらに関し完全に明記することができます。

AEOIの基礎

なぜ信託をセットアップするのか?

信託は、特にオフショアで設立された場合に利用可狽ネ、最も安全で柔軟な財務計画手段の1つです。金融、財政、政治的リスクから資産を守るために、信託を助ェ検討されることをお薦めいたします。

信託によって一生涯、そしてその後に富を保存、分配するという長期的な計画を立てることが可狽ノなるかもしれません。資産を信託に移すことで、自分の個人財産から移動することができるので、検察官の手続きによる資産管理の中断や不正処分が起こらなくなります。資産は信託内でリングフェンスに入れられ、信託証書およびその他の書類に沿い続けます。

信託は、税負担保護に関して有効な税務計画ツールとしてよく使用されています。例えば、オフショア・トラストの使用によって、非課税国「における資本価値を株式が増加させるという可柏ォが生まれます。

不動産から家業まで、すべてのタイプの資産が投資のポートフォリオなどの信託国「に含めることができ、個人に限定されず、法人も信託を資産運用戦略の重要な部分として使用することができます。

広義的に見て、信託は次のような目的で使用されます。

  • 税軽減
  • 家庭事情整理
  • 資産保護
  • 機密性確保

特定の種類の信託の確立によって、財産の中から資産を除き課税対象の富を減らすことで、所得税、キャピタルゲイン税、贈与税および相続税にさらされる機会に制限をかけることができます。

信託を始めるにあたって、settlorは信託に移転する時点と、資産の運用方法の見通しを立てる時点の両方で、beneficiaries、自身および資産自体に適用される税規則を考慮する必要があります。

信託が税務上で有利にはたらく状況は下記のようなものです。 ・高い税負担のある地域に居住する前に、租税回避地の信託を行った場合 ・大きな資本成長が卵zされる信託に資産を譲渡することで、免税国「の下、資本価値が増加する場合 ・資産税や相続税の徴収を避けるために、個人の財産から取り除いた場合 ・国外執行役員への報酬の税コスト削減

資産保護

一個人では資産基盤を穀zするのが難しいので、それらを信託にすることでより高いレベルの資産保護が可狽ノなります。これは資産がリスクにさらされる政治的に敏感なエリアにsettlorが住んでいる場合、重要になります。 資産を信託にすることで為替管理やその他の政府規制の賦課から守ることができます。 資産は債権者を汲ュために使われるのではなく、ビジネスの場面や個人に降りかかる災難における家族の財政的安全を確保するための信頼を確立します。

家庭事情

  • 強制相続人-一部の国の法律には、個人の死亡時にその資産を誰に相続するのかが示されています。信託の使用で、個人の死亡時に資産から利益を享受すべきかどうか、またその程度はどのくらいかを決定することを可狽ノなります。
  • 遺言状および不動産管理の回避-個人の死亡時に遺言検認費用が高くなることがあり、時には不必要な資産売却を余儀なくされることもあります。信託によって、亡くなられた方の資産に及ぶ大きな影響を最小限に抑えることができます。trusteeに向け楓セされた希望の条件と、生涯で確立された信頼の下、そのご家族も安全でいられるのです。
  • 個人の保護-信託は自身の資産を管理できないとお考えの方を救うためにも使われます。settlorの希望と信託の条件は、誰が、いつ、どの程度の利益を信託基金から受け取るのかを決定するために用いられます。
  • 資産を損なわずに維持-通常、個人の死亡時には、その方の財産が相続人の間で分割され、資産を損なう事を防止するため、継続的に保持するために信託が用いられます。信託は、家業が築かれ、settlorがその存続を望む状況で使用されることが多く、その家族が収入を得て、絶対に必要な場合を除き、相続人がその事業を売るのを妨げることになります。

要約

信託はセキュリティや経済的な面において、数多くの利点をもたらす非常に融通の利くツールとなっています。このガイドが信託とは何か、また、潜在的な利点のアウトラインを示すものとなることを願っております。さらに詳しい情報をお求めの方、信託のご利用をお考えの方は弊社にお問い合わせください。

beshnas Trading Ltd.
https://www.oobac.com/
https://www.beshcorp.com/


Jane

法人設立及び事業サービスの提供

スタートアップ及びオンラインビジネス向けソルーション

- オンショア法人・オフショア法人設立
- 世界の国々で銀行口座を開設できます
- ノミニーサービス
- ビジネスセンター(KL)及びビジネスアドレス
- セキュアメール及びセキュアVPN
- オンラインビジネス向けWebデザイン及びWebアプリケーション
- オンライン決済ゲートウェイの統合
- FX及びブロックチェーンビジネスソリューションライセンス

もっと...



Advertise

Contact Us Your AD Here