Oobac BLOG jp

Welcome to the blog of oobac.com
なぜ海外銀行口座を開設するのか?

なぜ海外銀行口座を開設するのか?

海外口座は金融面でのプライバシーを高めることができます。 日本居住者でありながら、海外の銀行を使用することで同様のビジネスを行うことができます。 離婚や訴訟、法的な争いごとからあなたの資産を守ることが別の理由でもあります。

法人名義で解説をした海外銀行口座では、プライバシーやセキュリティーを最上限にまで高めることが可狽ナす。海外銀行口座は儲けるためだけにあるものではありません。現在はプライベート口座へ送金する日本人は増える一方です。

海外銀行口座の機密性

ほとんどの海外銀行口座の管轄区域には、投資家や預金者の個人情報や取引記録が、余計な探索や詮索などから安全であることを保証するために厳格な機密規則や規制が設けられております。しかし、2014年10月29日に51の管轄区域(国および地域)が税務上の目的から投資の収支(財務勘定)情報の自動的情報交換制度に加入しました。その後2年間の間に、36の管轄区域が新たにこの条約に加わりました。これまではこのような条約がなかったため、この種の情報の自動的情報交換制度は初めのものとなります。今後より多くの管轄区域があたらにこの条約に参加する嵐閧ナ、2018年末までには、101の管轄区域がこの条約に参加するであろうと見込まれます。 つまり、この条約に参加しない国や地域も100以上あることが上記からも読み取れます。しかしこれらの国や地域が、管轄区域間の情報交換が全くないことを意味するものではなく、これらの国や地域も依然として要求に応じて自発的に他の方法で情報交換を行うこともできます。 ほとんどすべての欧州諸国とオフショア金融センターが情報交換は行う嵐閧ナはありますが、この自動的情報交換システムを使うとは限りません。 これらの海外銀行口座の管轄区域には、最高レベルの機密性を提供するように設計されており、預金者の情報を厳重に保護しております。この秘密保持の高さは、国内の訴訟および離婚、民事訴訟などから財産や資産を保護することに適しているため、特に注目されております。 機密情報や預金者情報を漏らすことは銀行には関心はなく、彼らは伝統的には不本意ではあるものの、政府団体より要請された場合、渋々厳密な調査を行うだけなのです。 このような問題を回避する最善の方法は、海外法人をノミニー名義で行うことです。実際のところ、情報の漏洩やリークなどは銀行業務を行う上で最も重要な信頼を失うことになるためです。

国際貿易会社(IBC)やオフショア・トラストなどの他のスキームや資産保有手段によって、より強固な匿名性や機密性を得ることが可狽ニなります。

海外銀行口座を1つもしくは複数開設する際の目標は、資産の保護、匿名性、安全性、利便性などのバランスを上手く取ることです。

海外銀行口座についての追記情報

有名な海外銀行口座を提供している国は世界各地にありますが、海外銀行口座を保有するために海外法人(オフショア法人)の設立もとても重要です。また、海外法人と海外銀行口座は必ずしも同じ国のものでなくても問題ありません。例えば、ベリーズ法人でスイス、リヒテンシュタイン、キプロス、ベリーズ、BVI、もしくはネイビスの銀行口座を開設することができます。

Oobac.comは2005年から世界各地のオフショアサービス、財務対策、および資産保護対策を提供している法人です。クライアントのご希望のサービスを提供し、アフターサポートを提供しております。


Jane

法人設立及び事業サービスの提供

スタートアップ及びオンラインビジネス向けソルーション

- オンショア法人・オフショア法人設立
- 世界の国々で銀行口座を開設できます
- ノミニーサービス
- ビジネスセンター(KL)及びビジネスアドレス
- セキュアメール及びセキュアVPN
- オンラインビジネス向けWebデザイン及びWebアプリケーション
- オンライン決済ゲートウェイの統合
- FX及びブロックチェーンビジネスソリューションライセンス

もっと...



Advertise

Contact Us Your AD Here