Welcome to Oobac. ご連絡 ユーザーログイン オーバックポスト
Get Business Tools !

HOME






コンサルタントが必要?
ライセンスが必要?
バスポートのコピー
住所証明について
各書類の認証について

口座はあなたの直接管理

口座開設のための法人書類
ビジネスプランについてのご注意
個人口座開設時のご注意
法人口座開設時のご注意
最適の口座を選択するために

ご利用上のご注意
国際情勢の変動
カード利用時のご注意









口座はあなたの直接管理

オーバックがあなたのために開設する口座は、当然あなたの直接管理です。あなた以外の世界の誰も、口座にタッチできません。

口座はあなたの直接管理
使用言語について
銀行システムについて
インターネットバンキング
IDとパスワードの管理
暗号発生機械(ID device)の取り扱い
口座管理のセキュリティ
銀行との直接連絡

日本との習慣の違い

口座はあなたの直接管理
オーバックがあなたのために開設する口座(個人口座・法人口座・架空名口座など)は、まことに当然のことですが、あなたの直接管理です。銀行口座だけに限らず、スイスミクシィ口座、証券口座、投資口座など他の口座に関しても、これは同じことです。

時々、まことに奇妙な口座管理の話を耳にします。○○銀行の口座・・・、と謳いつつ、実はその業者の口座(その銀行にある業者の口座、チャイルドアカウント)を提供しているに過ぎないというケースです。
この場合、すべてのトランザクション(送金・出金・口座間の移動)はその業者を通じてしか行うことができず、銀行との直接取引きは当然ながら不可能となってしまいます。直接管理という実に当然のことが行えないのです。これは、まことに恐るべきことといわざるを得ません。

オーバックで開設する口座は、開設以後はオーバックはいかなる形でも関与できません。これはあなたの口座であって、オーバックの口座ではないからです。
また、オーバックでご紹介するスイスミクシィや銀行はセキュリティが厳しく、たとえ私どもオフィシャルエージェントといえども、口座にタッチできる性質のものではありません。つまり、銀行内部の者に対してすら、セキュリティは完璧に守られるのです。

口座はあなたの直接管理・・・。
この当たり前の事実を、私たちはお客様に提供いたします。

使用言語について
海外銀行での使用言語は、基本的に英語となります。インターネットバンキングの表示も、電話などでの直接コンタクトも、すべて英語を基本とします。
日本語のできる担当者がいる場合もありますが、その担当者があなたの口座の内部にタッチできるとは限りません。セキュリティの厳しい銀行であればあるほど、限られた担当者だけがあなたの口座にタッチできるのです。

そのため、日本語はまず通用しないとお考えいただくのが正確です。
英語が全くできない・・・という方の場合、口座管理そのものができなくなる可能性がありますのでご注意ください。

なおスイスミクシィは日本語完全サポートです。日本語での口座管理・問い合わせに何の問題もありません。

銀行システムについて
それぞれの銀行は、各々違うシステムを持っています。国によっても違い、制定された銀行法によっても違います。
また、海外の銀行は日本のシステムとは根本的に違う部分もあります。

日本の常識は必ずしも世界の常識ではないという当たり前の事実を念頭においていただければ幸いです。

インターネットバンキング
インターネットバンキングは24時間、世界のどこからでも口座が管理できるツールとして、きわめて有力な働きをします。表示はおおむね英語ですが、もし英語を自由に操れなくても翻訳ソフトがあれば大丈夫です。

インターネットバンキングのチュートリアルも当然英語ですが、これも翻訳ソフトがあれば解決します。

IDとパスワードの管理
口座はあなたの直接管理です。当然ながら、口座にアクセスするためのIDやパスワードも、あなたの管理の下に置かれることになります。IDやパスワードはあなた以外の誰も知りえる立場にありません。つまり、IDやパスワードは厳重に管理される必要があります。

知らない第三者に提示したり、どこかに置き忘れたり、人目につくところにメモしてみたり・・・というような行為はお控えください。
また、IDやパスワードの万一の漏洩に備えて、より厳重なセキュリティシステムを持つ銀行で口座を開設することをお勧めいたします。オーバックのメニューではこうした銀行のみを掲載しております。

万一IDやパスワードが漏洩してしまった場合、直ちに銀行/スイスミクシィにご連絡ください。

なお、暗号発生機械や暗号テーブルがあるから大丈夫、と安易にお考えにならないようにお願いいたします。
もし悪意の第三者が漏洩したIDやパスワードを使用して口座にアクセスしようとした場合、接続ポイント(IPアドレス)が違い、暗号も合わないことになります。その場合、銀行はセキュリティ上の必要から直ちにその口座をブロックし、たとえご本人であっても口座にアクセスできなくなる可能性があります。

暗号発生機械(ID device)の取り扱い
暗号発生機械(Code-generating device)は、セキュリティの必要な口座管理には欠かせないデバイスで、多くの場面で使用されます。

ご注意いただきたいことは、このデバイスそのものがパスワードなどによってガードされていることです。
ですので間違った操作をすると、デバイスの機能が停止します。しかも、停止しているということが外見では分からないように停止します。つまり、見かけは正常に動作するのですが、発生する暗号はまるで頓珍漢なものになってしまい、使用できません。
こうなってしまうと、あなた自身、何がどうなっているのか分からなくなる可能性がありますので、最初のうちは慎重にお願いいたします。

口座管理のセキュリティ
あなたの口座はあなたの直接管理です。つまり、あなたの口座に関する全責任はあなたにあります。
ですので特に多額の資金を預けている場合などには、口座のセキュリティに注意を払っていただきますようお願いいたします。

銀行との直接連絡
インターネットバンキングがブロックされた、あるいは送金・出金が何らかの事故で行方不明になった・・・。
いかに国際的な業務を行っている銀行でも、あるいはきわめて信頼の置ける銀行の場合でも、こうしたことがないとはいえません。
ブロックされたのは、あなたの入力したIDやパスワードが、大文字と小文字を間違えた結果かもしれません。

こうした場合、銀行と電話で直接連絡を取る必要があります。あるいは直接現地に足を運んで交渉する必要もあります。

こうした場合だけではなく、開設した銀行と協力関係を維持するのはとても大切なことですので、常に必ず口座をお持ちの金融機関と直接連絡を取るように心がけてください。

日本との習慣の違い
まことに当たり前のことですが、海外の銀行は海外に存在しています。日本に存在しているわけではありません。
また海外銀行は日本人スタッフがいる場合はまれで、ほとんどは「外人さん」です。
ですのでそこには、日本とは違うものの考え方・習慣があることにご注意ください。

まことに当たり前のご注意を繰り返すのは本意ではないのですが、時折日本人の方でこの違いを完全無視して(というより全く理解できないで)、日本の考え方・習慣をそのまま持ち込み、奇妙なトラブルになってしまうことがあります。

たとえば連絡メールに「拝啓」と書いていなかったとか、「敬具」で文章を結んでいなかったとか・・・。
銀行から返ってきた返信メールが極端に短くて、まことに無礼と怒ってみたり・・・
英語表現と日本語表現は違うということを無視して、日本語のような丁寧な表現ではなかったと怒ってみたり・・・
極端な場合、なぜあの担当者は日本語が話せないのだと怒ってみたり・・・

日本人だけで世界が構成されているわけではありません。
また、日本のものの考え方・習慣が世界でただ一つのものではありません。また、日本語は地方の特殊な言語の一つで、世界のどこでも通用する・・・というような言語ではありません。

世界と日本とは違う・・・。
この当たり前の事実を再度確認いただければ、オーバックはまことにうれしく思います。
イャー・・・、まことに困った、困った・・・(本音)



Liehitenstein
高い信頼、高利回り、フレンドリー!
世界トップクラス銀行の口座をあなたに!
... もっと知る


Keep
すべて合法のセキュリティ保全システム!
... もっと知る


Incorporate
海外法人設立! 卸価格!
... もっと知る


Business
海外展開の拠点を簡単に設置!
実際のビジネス展開が可能!
... もっと知る


Card,
世界のカードをあなたに・・・
インフィニティ、ブラック、ゴールドカード・・・
... もっと知る




Contact us.


プライバシーポリシー ウェブサイトポリシー タームアンドコンディション リファンドポリシー ディスクレイマー オーバックについて ご連絡 推薦/感謝の言葉
Beshnas Trading Ltd.
All rights of contents on this site are belong to Beshnas Trading Ltd.
Please do not copy and reproduce the contents of this site without our permission, except auto-generation page by our system.
Since 2009 copyright (c) Oobac.com/Beshnas Trading Ltd. : All Rights Reserved.