Welcome to Oobac. ご連絡 ユーザーログイン オーバックポスト
Get Business Tools !

HOME






コンサルタントが必要?
ライセンスが必要?
バスポートのコピー
住所証明について
各書類の認証について

口座はあなたの直接管理

口座開設のための法人書類
ビジネスプランについてのご注意
個人口座開設時のご注意
法人口座開設時のご注意
最適の口座を選択するために

ご利用上のご注意
国際情勢の変動
カード利用時のご注意










カード利用時のご注意

海外のカードを利用するとき、知っておかなければならない基礎知識を説明しています。カード利用をご要望の方は必ず目を通してください。

デビットカードの意味
クレジットカードの意味
記名カードの特徴
無記名カードの特徴・特典
口座がなければただのプラスチック板
カードのための専用口座
カードとPINコード
カードのアクティベーション
カード専用口座に資金を入れる
引き出し最低額
日本での引き出し最低額
トップアップ時のご注意
使用時のロゴマークの確認
ATMマシン使用時のご注意
カードが使えない時のご注意
お問い合わせはこちら

デビットカードの意味
デビットカードとは、カード専用の口座にある金額の分だけ使用できるカードという意味です。
まことにシンプルな機能を持つカードで、多額の保証預金を積み上げる必要もなければ、発行先金融機関からクレジットという名前の「借金」をする必要もありません。

ところでこの意味は、カード専用口座にまったく資金が入っていなければ使えないということになります。資金がまったくない場合、あるいは残高が足らない場合はごく単純に使えなくなります。当然です。デビットカードは専用口座にある金額の分だけ使用できるからです。

なお、カード専用口座にある金額の分だけ使用できると言っても、金額が多額になる場合は制限があります。
たとえばあなたのカード専用口座に一億円の残高があるとして、それを一度にATMマシンから引き出そうとしても、そもそも物理的に限界があります。各国のATMマシンはそれぞれの使用規定・条件がありますので、それに従っていただきますようお願いいたします。

クレジットカードの意味
クレジットカードとは、クレジット(信頼)を元にして発行されるカードのことをいいます。
カード専用口座に資金が必要なことは当然ですが、万一口座に資金がない場合でも一定程度の範囲でクレジット(信頼)を与えてくれますので、その範囲で使用することができます。ただしこの場合、クレジット(信頼)には利息のつくのが普通で、つまり借金するという形になります。端的に言うと融資を受けるような形です。

このようにクレジットカードは融資を前提としていますので、発行の折の審査は厳しく、海外銀行の場合は必ず保証預金が求められ、その額もかなり多額になる場合もあります。その分だけクレジットカードは信頼があるということになるわけです。
反面、一般に使用する場合はデビットカードと機能はほとんど変わらず、特に一定のステータスを求める場合以外は、現今ではデビットカードで十分だということもできます。

クレジットカードにはステータスに応じてさまざまな名前があり、ゴールドカード、シルバーカード、ブラックカード、チタニウムカードなどとなります。

記名カードの特徴
カードには記名カードと無記名カードがあります。
記名カードとはごく通常のカードの意味で、個人名で発行を受ける場合は個人名がカード表面に記載されています。法人の場合は法人名です。

名前が記載されていますので、ほぼ世界のどこでも、どのような場面でも使用することができます。
たとえばショッピング、ホテル代金の決済、ATM、スーパーマーケットでのお買い物から各種公共料金の支払い、国によっては税金も支払うことができます。こうした意味で記名カードはあなたの名前の入った、持ち歩きのできる便利なお財布ということになります。

ただし名前が記載されていますので、どこで何を買ったか、どのATMで何時何分にどれだけの金額を引き出したかなどの情報はすべて名前入りで記録されます。こうして意味ではセキュリティというものはあまりありません。
なおスイスミクシィ発行の記名カードは、ATMで使用した場合無記名カードと同じ働きをします。つまり記名カードであってもATMには個人の記録は残りません。

たとえばあなたがネット上でお買い物をしたとしましょう。
決済に記名カードを使用した場合、サイト側はあなたの本名を確実に知ることができます。そのサイトが信頼の置ける場合はまったく問題ありませんが、信頼の置けないサイトだった場合、これだけでとんでもないトラブルに巻き込まれてしまう可能性のあることは今では世界の誰でも知っています。

世界の銀行のほとんどは各種のカードを発行していますが、ほとんどは記名カードです。

無記名カードの特徴・特典
上記の記名カードに対し、無記名カードという特殊な形のカードもあります。
無記名カードとは文字通り所有者の名前の入っていないカードで、カードナンバーやキーコードのついている当たり前のカードですが、どこにも所有者の名前はありません。それでいて記名カードとまったく同じように使用できます。

無記名カードを使用する特典は、あなたのセキュリティを確実に確保できるという点です。
たとえば世界のどこかの国のATMで資金を引き出しても、名前がありませんので誰が引き出したのか分かりません。
国によってはATMで現金を引き出した途端に複数の人間があなたのあとをつけてくる・・・という現状のあることは世界周知の事実です。引き出した金額があなたにとって小額でも、彼らにとって一年分以上の給料・・・、こうしたことはいくらでもあります。
カードに名前が記載されていれば、それを元にして滞在先のホテルを割り出す・・・、こうなりますとたとえ有名なホテルに滞在していてもあなたは安全ではありません。
ところが無記名カードを使用すると名前がないため、あなたのホテル滞在はきわめて安全です。

このように無記名カードはセキュリティ保持の上できわめて有利なツールですが、問題がないわけではありません。

無記名カードの存在を知らない国で使用するとおかしな問題が発生します。たとえばどこかのショッピングセンターで買い物をして無記名カードを使用すると、たぶん店員は面食らうはずです。なぜなら彼らはこうしたカードを見たこともなく、名前がないためサインをどうすればいいのか分からず、それどころかあなたを何かの秘密組織(!)の人間だとみなすかもしれません。

無記名カードは直接現金を取り扱う場合、たとえばATMで現金を引き出す場合などに限って使用するのが得策です。

口座がなければただのプラスチック板
ところでカードというのは、どこかの金融機関のカード専用口座に必ず連動していなければなりません。
口座がなければ単なるプラスチックの板で、何の価値もありません。口座に連動していてはじめて価値を持つのです。

この部分は、おかしなことに世界の多くの人が勘違いしている点で、あたかもカードが魔法のアイテムであるかのように思い込んでいる人が多いようです。
カードは単なるプラスチックの板で、それがどんなに立派なデザインで作成されていようと、どんなタイプのカードであろうと、口座がなければ単なるプラスチックなのです。多分一円の値打ちもないでしょう。

つまりカードは、必ずそれに連動する口座があってはじめて機能する性質のものです。世界のどの金融機関でも、どんなタイプのカードでも同じです。口座がないにもかかわらずカードだけが一人歩きする・・・、しかもフィナンシャルの機能を持っている・・・、そうしたことはありえないのです。

この単純な原則を理解していないため、まことにおかしな問題が多々発生しています。
「カードが使用できないんだけど・・・」
それはカードに連動している口座に資金がないためです。
「お金を送金したんだけどやっぱりカードが使えない・・・」
それはカードを発行した金融機関に送金したのではなく、関係のないところに送金してしまったためです。
「カードで支払いを受けることができないんだけど・・・」
それはあなたのカードに連動している口座ナンバーを、あなたのお客様に知らせていないからです。カードを相手に見せただけで、どうすれば送金を受けることができるのでしょう。

上記は冗談でもなんでもなく、実際に多々発生している事実です。それも世界規模で・・・
オーバックはこの問題に困り果てておりまして、何と説明すればいいのか言葉を失ってしまうこともあります。

お願いですから理解してください。
カードは口座に連動して初めてカードとして使用できます。
口座に連動していないカードは単なるプラスチックの板で、何の機能ももっていないのです。

カードのための専用口座
上記のようにカードは口座と連動して初めて機能を持ちます。
そしてカード用の口座は、おおむね通常の口座とは別途に開設されている場合がほとんどです。

たとえばどこかの銀行でマルチカレンシー口座を開設した場合、ユーロ用の口座とアメリカドル用の口座とは別になっています。日本円の口座とオーストラリアドルの口座は別です。これらが混同されることはありません。
これとまったく同じことで、カード用の口座はカード専用口座として別に開設される場合がほとんどです。

これはなぜかというとお客様の保護のためです。
もし預金の全額が直接カードに結びついていた場合、万一カードが盗難にあうと、同時に預金全額がなくなってしまうということが簡単に起こります。
オーバックの取り扱うカードはVISAやマスターカードのロゴが入っています。つまり全世界で使用できるのです。
もしカードが盗難にあって、それにまったく気がつかずに飛行機に乗り込んでしまうと、あなたが快適な空の旅を楽しんでいる間に預金全額が誰かによって引き出されてしまいます。
これを防ぐため、カードに使用する口座はまったく別に開設して、通常の口座とは切り離されているのです。

ご注意ください。
あなたの通常口座に多額の資金があっても、カード専用口座の残高がゼロであればカードは使用できません。
なぜならあなたがカード専用口座に資金を移動するのを忘れたからです。

カードとPINコード
カードには必ずPINコードが付属しています。
PINコードとは「Personal Identification Number」のことで、個人識別番号のことです。

発行されたカードを受け取ったときは、必ずPINコードも同時に確認してください。これがないとATMでは使用できません。

またPINコードは決して他人に漏らすようなことをしないでください。セキュリティを自分で破るほど愚かな行為はありません。

カードのアクティベーション
カードがお手元に届くと、必ずカードのアクティベーション(カードの機能をアクティベートすること)をしなければなりません。
カードが届いたのだからすぐに使用できるのだと思うと、これは大間違いです。アクティベーションしなければ、依然としてプラスチックの板のままです。

アクティベーションはカード発行会社によってそれぞれ方法が違います。
最も簡単なのはインターネットでアクティベートする方法で、多くのカード発行会社がこれを採用しています。少し厳格な場合は本人確認を電話で要求される場合もあります。さらに厳格な場合は別に発送されるパスワードと、カード会社に届け出た情報の再提出を要求される場合もあります。

あなたのカードは直接現金に結びついています。
アクティベーションは面倒なものですが、あなたのセキュリティ保持のためですのでご協力ください。

カード専用口座に資金を入れる
カードが届き、PINコードも確認し、さらにアクティベーションも済んだ・・・
ところがこれだけではカードは使用できません。特にデビットカードの場合は。

なぜというと、あなたのカード専用口座に残高がないからです。
必ずカード専用口座に資金を入れるようにしてください。あなたのカードは現金に直接結びついています。使用できる現金がカード専用口座にない場合は、当然カードは使用できないのです。

引き出し最低額
「ATMでカードが使えない!現金を引き出せない・・・!」
完全に混乱し、慌てふためいて連絡してくるお客様が月に一人や二人は必ずいます。
事情を聞いてみるとPINコードを間違っていたり、カード専用口座の残高がゼロだったり、アクティベートしていなかったり・・・というようなケースがほとんどですが、中にはATMの仕組みをまったく理解していないという原因もあります。

ATMマシンは各金融機関が提供しています。
そしてこれらのATMマシンはVISAやマスターに連動していると同時に、これをハンドルする会社(仲介会社)のシステムにも連動しているのです。そして仲介会社は手数料を徴収し、その手数料で会社を運営しています。
つまり、手数料が出ない、あるいは手数料を差し引くと残高がマイナスになる・・・などの場合はATMマシン自体が手続きを受け付けないようにできているのです。

国際カードは国際間で使用されます。ですので手数料は一国内のATM使用料とほぼ同じ、あるいは若干高くなっています。
もしあまりに小額の資金を引き出そうとした場合、手数料がまったく出ませんので、その手続きは拒否されるわけです。

各国のATM引き出しには、最低限度額というものがあります。これにご注意ください。

日本での引き出し最低額
日本国内でATMを使用する場合に覚えておかなければならないことがあります。

海外からの資金引き出しは日本円で最低一万円から受け付ける場合がほとんどで、それ以下の金額の場合は受け付けないATMマシンがほとんどなのです。つまり、ためしに使ってみようとして千円引き下ろそうとしても、ATMマシン自体がそれを受け付けないのです。
この最低引きおろし金額はカード発行会社がそう決めているからではありません。これはまったく日本国内の都合で、もっとはっきり言うとカードの手続きを引き受けている日本国内の会社の都合なのです。つまり、一万円以下の金額では「勘定にあわない」事態が発生しますので、一万円以上という制限を「勝手に」定めているわけです。

ところが多くの人はこの事実をまったく知らないようで、「使えない、使えない・・・」と繰り返すことになります。
もちろん日本のフィナンシャル会社がこの事実を告知していないことが最大の原因なのですが、海外から資金を引き出す場合は通常の場合最低一万円から・・・というのは一種の常識ですので、覚えていただければ幸いです。

トップアップ時のご注意
カードは口座と連動して初めて機能する・・・というのは上記口座がなければただのプラスチック板でも説明しましたが、「カードは魔法のプラスチック」と固く信じて疑わない人にとって、この単純な事実はきわめて受け入れがたいもののようです。
そして様々な「問題」が発生することになりますが、トップアップの時にもっとも珍妙な問題が発生してしまいます。

カードは使用すれば残高が減ります。そのまま使用を続ければ必ず残高はゼロになり、カードは使用できなくなります。
そこでトップアップ(残高の積み増し)を通常は行うわけですが、魔法のプラスチック族の方々はとにかく魔法の世界にお住まいされていますので、この方法がまったく分からないようなのです。

カードはとにかく手元にある・・・、PINコードもある。
アクティベートも済ましたし、今まではちゃんと使えていた・・・。
トップアップしろということだが、なぜ? どうすればいいんだ・・・?

答えは簡単で、ご自分の口座からカード専用口座に資金を移動する、あるいは別途送金するだけでいいのです。
ところが「カードは口座と連動して初めて機能する」ということを理解していないため、手段方法がなくなります。かくして彼はカード使用をあきらめてしまい、深い悩みの世界に生きることになります。

魔法の世界にお住まいでない方はこうした珍妙な問題に頭を悩ますことなく、ごく単純にあなたのカード専用口座にトップアップしてください。そうすれば世界は透明となり、「この世の真相はただ一言にして尽くす、いわく、不可解」という結論を避けることができます。

なおこの際、必ずあなたのカード発行金融機関のあなた自身の口座にトップアップしてください。
他の金融機関に送金しても、それはあなたのカード専用口座ではありませんので何の意味もありません。
ましてあなたのカードにVISAのロゴがあるからといってVISAの銀行口座を調べ上げ、そこに送金しても、VISAはただひたすら困惑するばかりです。

使用時のロゴマークの確認
ATMマシンに限らず、どこのお店でも使用できるカードのロゴマークを掲げています。
カード使用の際には必ずロゴマークを確認し、あなたのカードに同じロゴマークがあることを確かめてください。
オーバックが取り扱っているカードはほとんどがVISAやマスターカードのロゴがついているため、世界のほぼすべての地域で問題なく使用できるはずです。

ATMマシン使用時のご注意
ATMマシンを使用するときには、特にロゴマーク確認を怠らないようにしてください。
この確認をしないで、そのATMマシンとまったく関係のないカードを使用しても拒否されます。なぜならシステムがまったく違うからです。

カードが使えない時のご注意
カードが使えないときは、以下の事項を再確認してください。
PINコードは持っているか
アクティベーションは済ましたか
カード専用口座に資金は入っているか
ATM使用時にATMの規則にしたがっているか
日本の場合には一万円以下の金額をATMで引き出そうとしていないか
カードのロゴはあっているか

お問い合わせはこちら
もし上記以外でカードに問題がある場合は、取引先の金融機関あるいはオーバックまですぐにご連絡ください。
オーバックへのご連絡は以下になります。
ご連絡はこちら



Liehitenstein
高い信頼、高利回り、フレンドリー!
世界トップクラス銀行の口座をあなたに!
... もっと知る


Keep
すべて合法のセキュリティ保全システム!
... もっと知る


Incorporate
海外法人設立! 卸価格!
... もっと知る


Business
海外展開の拠点を簡単に設置!
実際のビジネス展開が可能!
... もっと知る


Card,
世界のカードをあなたに・・・
インフィニティ、ブラック、ゴールドカード・・・
... もっと知る




Contact us.


プライバシーポリシー ウェブサイトポリシー タームアンドコンディション リファンドポリシー ディスクレイマー オーバックについて ご連絡 推薦/感謝の言葉
Beshnas Trading Ltd.
Reg.address:>/b> Arch. Makariou III & Evagorou, 1-7, MITSI 3, 1st floor, Flat/Office 102 1065, Nikosia, Cyprus.
All rights of contents on this site are belong to Beshnas Trading Ltd.
Please do not copy and reproduce the contents of this site without our permission, except auto-generation page by our system.
Since 2009 copyright (c) Oobac.com/Beshnas Trading Ltd. : All Rights Reserved.